20131021

関東の小京都を歩く⑤

歴史のふるさと秩父編

日程:平成25年10月20日
天気:終日 雨
場所:秩父市内見学
集合場所:柏駅
集合時間:8:00
講師:山本鉱太郎
参加者:18名
参加費:500円
写真:間藤邦彦
におどり:鵜沢滋子
担当者:間藤邦彦、鵜沢滋子

午前8時、柏駅集合、18名、朝から雨、常磐線不通、不安がよぎる。
オオタカの森へ、つくばエクスプレスに乗車、秋葉原から池袋西武線の特急レッドアロー号で秩父で到着

西部秩父駅出発→ちちぶ銘仙館→慈眼寺(秩父13番札所) → そばの杜(古い民家) にて昼食 →黒門通り (古い町並み) 散策 → 秩父神社 (ここで大出俊幸さんによる秩父事件のお話) → まつり会館(屋台展示、祭り太鼓の実演、祭りのビデオ鑑賞) → 秩父路の銘酒、武甲酒造見学 → 西武秩父駅 (雨にたたられた一日であったが、無事に予定のコース見学終了)解散

以上 (石垣幸子 報告)

20131003

Short & ショート 研究トークの集い (H25.9.28)

会場     北部公民館
司会     奥田富子
会長挨拶  辻野吉勝

発表

・船戸道考察    石垣 幸子
船戸道は加村加岸から船戸へ続く道。布施道より古くからあった道、田中藩本多家代官所とのかかわりを考える。

・流山のオオタカから利根運河のサシバとコウノトリに至る20年史  新保圀弘
利根運河とコウノトリのかかわりについて、この春、巣立ちを見ることができた。
コウノトリは目標ではなく手段である。

・東葛の庚申塔    三谷 和夫
庚申塔の移り変わり(写真で)、百庚申は柏にもっとも多い。鎌ヶ谷には今も5年ごとに庚申塔を建てているところがある。

・私と吉岡まちかど博物館  村越 博茂
23年10月、吉岡まちかど博物館をオープンさせた。
印西の水郷、木下河岸の歴史と利根運河を学びませんか

閉会

二次会を養老の滝にて行った       参加12名

20130616

「楽しい東葛歳時記事典」合評会

平成24年度の研究成果である「東葛流山研究」第31号「楽しい東葛歳時記事典」の合評会を行いました。執筆者のご苦労、今後の課題について活発な意見交換が行われました。




1.日 時:平成25年6月15日(土)13時30分~17時
2.場 所:流山市生涯学習センター
3.司 会:相原正義氏
4.担 当:山本鉱太郎氏、青木更吉氏、執筆者の皆さん
5.参加費:無料
 
6.テキスト:「東葛流山研究」第31号・「楽しい東葛歳時記事典」
                             

 

20130429

平成25年度博物館友の会総会

会長あいさつ 辻野吉勝会長
4月29日博物館友の会総会が開かれました。

総会式次第
1. 開会の辞

2. 会長挨拶

3. 来賓あいさつ

4. 議長選出

5. 議事
(1)24年度事業報告
(2)24年度収支決算報告
(3)24年度監査報告
(4)25年度事業計画
(5)25年度収支予算
(6)25年度役員改選
(7)その他
6.その他
7.閉会の辞



講演中の植松三十里氏
総会の後、作家・植松三十里さんの講演会「ミズリー号上の重光葵」が開かれました。昨年出版された「調印の階段」から外交官・重光葵の生涯について講演。

植松さんのプロフィール
平成15年「桑港にて」で歴史文学賞、
平成21年「群青 日本海軍の礎を築いた男」で新田次郎文学賞、
同年「彫残二人」で中山義秀文学賞を受賞





講演会の後は恒例の懇親会です。



最期に記念撮影。
新年度に向けてスタートです。

20130422

生きた社会科見学:桜木神社から

8時30分 市役所発
8時50分 江戸川台西口
9時30分 桜木神社(野田市桜台)
10時30分 キッコーマン御用蔵
11時00分 物知りしょうゆ館
12時20分 コメスタ
14時00分 アサヒビール
16時00分 江戸川台駅
16時20分 市役所着

桜木神社を説明する山本鉱太郎氏



熱心に聴く参加者たち
 













20130421

「杉村楚人冠」講演劇 (山本鉱太郎)

2013年6月23日[日]   欅のホール・小ホール
【開演】13時30分 (開場は開演の30分前)
【終演】15時30分 (予定)

東葛地域ゆかりの偉人について学ぶ講演会。
7回目となる今回は、明治末期から昭和前期に活躍したジャーナリスト・杉村楚人冠をとりあげます。
杉村楚人冠は日本で初めて新聞社に調査部を設けるなど、先進的な新聞人として知られたジャーナリストです。関東大震災で二人の子どもを失ったのを機に一家で我孫子に転居し、街の発展に尽力した杉村の生涯を、旅行作家の山本鉱太郎氏を講師に迎えて学びます。
講師
山本 鉱太郎(旅行作家) 聞く人: 梅田 宏(劇団「彩」主宰、日本演出者協会会員)
入場料
無料(全席自由)
参加申込方法
野田市野田公民館窓口(欅のホール3階)またはお電話で。
お問合せ
野田市野田公民館 04-7123-7818

20130420

流山博物館から: 小企画展「最新発掘速報展」

近年、市内で発掘調査を実施した遺跡の調査成果の展示をします。

開催期間
平成25年5月2日(木曜日)~平成25年6月16日(日曜日)まで
時間
午前9時30分~午後5時まで 休館日は5月7・13・20・27・31日 6月3・10日
場所
博物館 流山市立博物館
対象
一般