20140514

5月11日(日)大江戸歴史文学散歩 オペラ「樋口一葉恋の和歌」の舞台を訪ねて

 一葉小説家を目指して師事した半井桃水宅と歌塾「萩の舎」界隈を歩く              講師 オペラ作家 仙道 作三

 地下鉄本郷3丁目スタート→壱岐殿坂(半井宅に通った坂。一葉は「壱岐殿坂」と書いている)→弓町本郷教会(讃美歌を翻訳)→大クスの木→文京ふるさと歴史館→菊坂一葉旧家跡と井戸→右京山公園→旧伊勢屋質店(一葉が通った)→法真寺(隣で一葉が明治5から5年間過ごした所)ここで昼食→清水橋→西方町(半井、漱石ら文人が住んだ)→丸山福山町(一葉21歳の時引越し)→白山通り(一葉終焉地)→善光寺坂(幸田露伴宅)→伝通院(千姫、於大の方の墓)→萩の舎跡(中島歌子の歌塾、一葉が入門した)→北野神社(歌子の歌碑)→解散

 一葉の生きた時代にタイムスリップ。一葉がいそいそと桃水の所に通う姿をそこここで見つけた気がした。                         (石垣幸子)

























0 件のコメント: